2012年4月3日火曜日

タイの少数民族の村で教会の床を作るワークキャンプ(18-19日)

10日 出発とパヤップのお出迎え
18日 Umbrella Village、そして別れ
19日 機内泊)

******

傘の村

7時起床。朝食までの間に、ホイクンでのPYUのルームメイトみんなに書のメッセージを書こうと思い、書道用具を出したら、墨(固形)が無いことに気づいた。村で落としてしまったのかもしれない。おとといの夕食のときかもしれない。仕方が無いので、すべてボールペンで書いた。

8時より朝食で、9時ころ、そのまま歩いてPYUの教会の礼拝に歩いて行った。ちなみに、途中セブンイレブンに寄ったが、日本のと変わらなかった。日本語の書かれた商品もパラパラと見かけた。

10時より礼拝。正直、礼拝はちょっと暇だ。英語は少し話してくれるものの、タイ語は分からないし。

12時ころより、教会でお昼ごはんを頂いた。タイ語でバイブワボという野菜の緑色のジュースを、それとは知らずに飲んだのだが、薄めの雑草ジュースに砂糖を入れた感じのまずさだった。タイ料理はほとんど外れが無かったのだが、これだけはダントツに受け付けなかった。

教会にトラックが来て、1時ころ、そのまま今度は近隣のBow Sang Umbrella Villageというところに観光に向かう。ここは名前の通り傘が有名で、傘工房も見学できるそうだ。

1:20から2:50まで、見学も含めおみやげを自由行動で買えた。傘工房は売り場も含め立派な建物で、制作現場も見学用に整備されていた。ミニから特大まで、カラフルな傘がたくさん売っていた(実用ではないようだった)。


傘には結構力を入れていたが、そこのマーケット自体は規模が小さく、おみやげのレパートリーは少なかった。ここは服などの布雑貨が多かった。人も少なかった。しかしまだ私は自分へのものしか買っていなかったので、ここで何か買わなければならない。まず、買ってこなければ恨んで相当根に持つであろう妹へ、Tシャツを買った。古いチェンマイ方言のラーナー語で「ハロー チェンマイ」と書かれた白いTシャツだ。サイズ等、PYU生のファイに手伝ってもらった。彼女は169バーツのところを、160B300円弱)に値切ってくれもした。

それから、高校書道部の後輩の卒業記念に何か探したが、迷った末、ストールを買った。4つで135Bだったが、130Bへと小心な値切りをした。

この傘の村や昨晩のナイトマーケットを思うと、11日のストリートマーケットの安さと規模は非常に魅力的だった。やや惜しいことをした。またチェンマイに来るときにはストリートマーケットを存分に楽しむとしよう。


別れ

それから1PIHに戻り、シャワーを浴び、プレゼントのメッセージを書き、荷物詰めを終わらせる。4時半、PIHをチェックアウトし、少し早いがタイでの最後の晩餐に向かう。

あっという間に9日間は終わり、おいしくて楽しかったタイの料理もこれが最後だ。別れを惜しみ合っている人もいる。私は食後、エリックやルームメイトなど、4人にメッセージをプレゼントした。特にエリックには、「一期一会」と筆で書き、その説明や別れの言葉を添えた。他の人のも、日本語にメッセージを添えた形式だ。

ああ、本当に終わってしまう。だが、飛行機に乗り遅れるわけにはいかない。5時半、食堂を出て空港へのトラックを待つ。

チェンマイ空港へのトラックの中で、どこからか、パヤップソングのリクエストがあった。パヤップの校歌で、このキャンプ中数度聞いていた軽やかな歌だ。最後に1回聞くのもいい。リクエストに応えPYUの皆さんが歌ってくれると、今度は彼らがICUソングをリクエストした。もちろん私たちみんなで歌ってあげた。本当に幸せなひとときである。

6時ころ、空港着。トラックを降りた端からみんな写真を撮りまくって収拾がつかなかったが、先生たちの必死の号令のもと、とりあえず荷物預けなど手続きを済ませ、PYUのみんなが付いて来られる最後の地点、出発ラウンジに集まる。

そこでICUPYUの最後の集合写真を撮った。

そして全員で輪になり、(PYU側はどこで知ったか)「蛍の光」を歌った。くそ、別れ際にこの曲とは、感動だな。Thank you Payap!!!

さようなら。

ここでお別れ。いつまでも手を振ってくれるPYUのみんなに手を振り振り、再び荷物検査と出国審査を受ける。

7:32、チェンマイを離陸。

******

8時半にバンコク着。そこで長い空き時間を過ごし、10:55、バンコクを離陸する。タイを飛び立った。日本に帰りたくなかった。日本の生活に戻りたくなかった。

飛行機はやはりくつろげなかった。機内泊だったが、ほとんど寝られなかった。しかも、朝3時に朝食とか、余計なお世話だ。腹も減っていないし……。

午前4時(日本時間6時)、成田に着陸だ。おはよう……、日本。

7時、解散である。7:35に成田空港駅を出、ごみごみした都心を抜け(タイから戻るとそれをいっそう感じる)、10時、私の狭いすみかに着いた。舗装された地面、建物に囲まれた窮屈な街にある私のアパートの前で、少し空を見上げてみた。

最後の晩餐の席及びチェンマイ空港での待ち時間など
にて書いたものに修正

0 件のコメント :

コメントを投稿