2009年4月12日日曜日

東京でテオ・ヤンセン展&でこぼこ巡り

寝覚と馬籠の記事を書くのに時間がかかったり、学校でテストもあったので、投稿が遅くなってしまいました。すみません。

春うらら、4月4日(土)に東京に行ってきました!

目的は、日比谷パティオで行われているテオ・ヤンセン展に行くことです!(ちょうど今日(4月12日)で終ってしまいます。)

I くんを誘ったら行きたいということなので、自分の両親も含めて4人で行きました。

高速バスで3時間ほどの予定でしたが、途中で渋滞になっていて少し遅れました。おそらく高速道料金が安くなったからですね。

新宿に到着し、電車で日比谷へ。



地上に出るとすぐに会場の日比谷パティオです。中に入るとまさにデモンストレーションが始まるところでした。ちょうどよかったですね。



この物体、アニマルというそうです。

ほんの少しの距離ですが実際に動くのを実演してくれました。テレビでこれを知って来たのですが、やはり生で見られてよかったです。

他にも数体の歴代のアニマルが展示されていて、間近で見ることができました。テオ・ヤンセン(Theo Jansen)はオランダの方ですから、今見ないと機会を逃してしまいますからね。テオ・ヤンセンTシャツも買いました。

1時間くらい見たら、私たちと両親で二手に分かれました。別行動です。

帰りのバスが来るまでは4時間ほどあります。僕らの予定は……

東京「でこぼこ巡り」!

つまり東京をでこぼこと移動するわけです。

まず最初の「でこぼこ」は

愛宕山

標高25.7mで、東京23区内最高峰とのことです。まずは東京の高いところへ行きます。

パティオから愛宕山までの約2kmを歩きます。



日比谷公園を横切りました。



桜が満開でした。このときは私が住んでいるところはまだ全然咲いていませんでした。

公園を横切ると霞ヶ関ですから、省庁とかが立ち並んでいます。この日は北朝鮮のミサイルの発射予定日でしたから、どたばたしていたのかな。

愛宕山で昼食を食べるため、途中のコンビニで「冷やしきつねうどん」を買いました。



もうちょっとだ。



ここから愛宕神社への参道です。ここから山頂まで何分でいけるか、I が計ってくれました。

あっという間に登れました。けど山頂がどこかわからないんですけど。とりあえず道が終ったところまでで、3分13秒。最高峰を制覇したぞ!(笑



愛宕神社は桜がたくさんで、満開でした。

山頂は愛宕神社境内にあるというのは、本記事を書いているときに知りました。

境内はとってもきれいでした。ここがかのTOKYOとは思えないくらいに。池には鯉が泳いでいました(山頂にですよ)。真っ白な猫も僕達を出迎えてくれました。とりあえず境内を一巡りして、昼食を食べて、階段を使って下山しました。



かなり急勾配だ。(この石段は「出世の石段」というらしいです。)

さて、つぎのでこぼこは…

東京タワー

言わずもがなですね。しかし普通にエレベーターで昇りません。階段で昇ります!

最初に階段で昇ると聞いたときは、そんなこと誰もやりそうになかったので、それはそれは楽しそうだと思いました。

タワーまでの約1kmを歩き、着いてみると…。

行列!!

それもなんてこった、階段待ちの行列じゃないか。

実は階段で昇るのというは、結構メジャーなことだったようです。ちょっとがっかりしました。

けれども横の係のお兄さんが、階段で昇る方はこちら云々って誘導しています。これは割り込めるチャンスじゃないか! どさくさにまぎれて先頭に陣取りました!(笑

チケットを買ったら、すぐに昇れます。



写真に収まらないっすね。

******

寝覚の床に行ったときの時を思うと、東京タワーなんて軽い軽い (○´∀`)ノ゙ あんまり疲れず簡単に登れました。まあ汗をかいて展望台は非常に蒸し暑かったですが。



昇りきると認定証がもらえます。ちなみに私は財布に入れて今も持っています。(笑

東京を一望したら降ります。これももちろん階段で。階段からの写真も載せようと思いましたが、写真を撮った高さがよく分からなかったので割愛します。ちなみに昇りは8分半、下りは5分半で昇れました。

さあ次のでこぼこは…。

六本木駅

というもの「日本最深の地下鉄」らしいのです。地下42.3mとのこと。

六本木駅までの1.4kmもこれまた歩き、



到着。

でも集合までにかなり時間が余っていたので、ミッドタウンに行ってぶらぶらとしていました。



六本木駅から電車に乗る。

ぶらぶらーっとして新宿へ戻ってもまだ時間が余ったので、コクーンタワーに行きました。東京モード学園とかが入っています。そこの地下の本屋で時間をつぶしてから、両親と落ち合いました。

以上東京のいろいろなところをめぐるツアーでした。

2009年4月7日火曜日

寝覚の床と馬籠に行こう Part4

Prat1 から見る方は3月31日の記事

⑤ よみかき

電車が来るまで1時間もありました。隠れ予定の本来の目的は、この時間を潰すことです。

南木曽駅の横に地図があったのですが、暇だったときに見てみたら面白い地名が多いことに気づきます。例えば「三留野」と書いてなんて読むでしょう?

答えは「みどの」。読めない!

隠れ予定とは、そんなある珍しい地名へ行き、その名を持つ施設を探そうというものです。その地名は「読書」。どくしょではありません、「よみかき」です。Googleマップで偶然見つけたんです。

駅の看板によると、「読書発電所」が重要文化財であるらしいです。いかにも知的な発電所です。(笑)

そこへ行くには「桃介(ももすけ)橋」を渡らなければなりません。これも読みにくいなぁ。これは駅から北へ200mのところにあります。

歩きながら、読書という地名にふさわしい施設について、勝手な想像で話していました。

読書図書館:知的好奇心をそそられる。
読書小(中、高等)学校:偏差値が高そう。
読書そろばん塾:あったら奇跡。

こんなことを喋っていると、前方に巨大な建造物が見えました。家々の陰からそびえ立つその建造物の凛乎(りんこ)たる様子に、私は深く感動してしまいました。

なんと、それが桃介橋でした!



これがその橋。渡った後に撮影。

まさかこんな明治チックな橋とは思いませんでした。とにかく高い。だってかなり遠くから見えるんだもの。写真ではそれが充分に伝わらないのが残念です。柱部分はレンガで、渡る部分は木でできています(と思う)。長さは150mくらいかな。(後で調べたら約248mでした!)とっても美しかったので集合写真を撮りました。

渡ってみると下には木曽川が…って川もきれい!



白砂青松!

真っ白い石の中にエメラルドグリーンの水が流れます。こんなきれいな景色、いつぶりだろう。(寝覚よりもすごかった…なんて言っちゃいけないσ(^^))

渡った先に看板があり、地名3兄弟が。そうだ、本来の目的は読書発電所に行くことでしたね。



「柿其」なんて、由来が想像だにつきません。

でも発電所は結構遠いから、多分時間内に着けないな。

じゃあ、諦めて川原で遊ぼう!(笑)

川に下りてみると石の大きさがよく分かります。2m、3mなんてざらです。それに、不思議なくらい白いです。I が巨石の上で江頭倒立をしちゃうくらいきれいです(笑)。夏にまた来たいくらいきれいです。

まあ川原にいるのもそこそこにして、近いところで「読書」を探そう。と歩いていた折、「蛇抜橋」という橋を発見。「へびぬけ」かと思っていたが「じゃぬけ」とのこと。これも変わった名前です。



あ、あそこに郵便局が見える。もしかして「読書郵便局」かもしれません。そうであってくれ…。

残念、南木曽郵便局でした。

なかなか「読書○○」は見つかりません。意外と難しいですね。ですが少し歩くと、こんな案内が。



読書小学校が実在しました! 歩いていけるでしょうか。それらしき建物は見えましたが、かなり遠かったので、諦め、案内板で我慢することに。時間だから駅に帰ります。満足な結果は得られませんでしたが、読書地区に足を踏み入れただけでも意味のあることでした。



れっきとした南木曽町読書という地名です。

電車に乗ります。今日は大変だったなあ、たくさん走ってすごく疲れました。



電車に1時間以上揺られ、家に着いたのは5時頃でした。

終わり。

●後記

夜寝る頃にはすでに足が筋肉痛になっていて、翌日はしゃがむのが億劫でした。(´・ω・`)

2009年4月4日土曜日

寝覚の床と馬籠に行こう Part3

Prat1 から見る方は3月31日の記事

④ 馬籠へ

電車が出るまであと20分。階段を登ってすでに息切れしているから、もう長くは走れません。でも急げば何とか着くでしょう。それほど切羽詰っていないと思います。

っておい! I が異常なスピードを出し、やがて見えなくなってしまいました…。追いかけても一向に追いつかず、疲労でしゃべるのも苦しくなってきました。Mはずいぶん後ろにいるけど大丈夫かな…。

あと7分ほど。かなり走ったと思われましたが、そのとき頭上に案内板が。

上松駅まで0.6km

なに?! 思ったよりあるぞ! 走れ!

すると眼下に街が広がっていました。その中に上松駅は…見えました。徒歩で行くならおそらく600m無いのかも。ならばあとちょっとだ。急に元気が出た我々(4人)は駅までのラストスパートを走り続けます。力を振り絞って。

おし!

着きました。時間内に。(o´Д`)=з

切符を買ったら、へたりこみました。やっと安心感が訪れました。



構内に座り込むH。写真を撮る余裕もやっと出ました。

ここでチョコレートを食べました。これを食べると元気が出ます。それにしても、ここまでで既に5キロ近く走った(歩いた)ことになります。('Д⊂

数分後(9:13)、電車が来ました。電車の中は、マラソンの後の自分らには非常に暑く感じられました。行き先は南木曽駅(なぎそえき)です。



9:42、南木曽駅に到着。

タクシーで行くことも考えましたが、料金が高いので、予定通りバスで行きます。バスが出るまで約30分あるので時間を潰しました。



駅前のお土産屋(?)に小鳥がいました。



駅の隣りにバス乗り場があります。

15分前にバスは到着。すぐに乗り込みました。乗客は自分ら以外に1人しかいませんでした。

10:10、バスは馬籠へ向け出発。



後部席のうしろにあった傘。かわいかったので写真を撮りました。つまご(妻籠)も馬籠と同様宿場町です。

馬籠までの35分間、山道を蛇行し続け…。

******

10:45、さあ、馬籠だ!

バスを降りて歩きますが、足がパンパンでした。



馬籠は坂道に沿った宿場町です。

坂の中腹にある藤村記念館を見学してみました。「破戒」などで有名な島崎藤村です。



綺麗な鯉(金魚ではないよな…。)もいました。

記念館は梅が満開でした。一通り展示を見たあと、記念館を出、坂を上まで上ってみます。



トウガラシが吊るされてる。

それで坂を下りながら、昼食を食べるところを探しました。しかし、このとき私はお金が少なかったので、蕎麦とかは食べられない感じでした。(´・ω・`)

少し下ると、ある食べもの屋で五平もち(信州の郷土料理)が90円とのこと。お買い得だ。みんなで1本ずつ買いました。



団子かと思いました。

さらに下のほうにおやき屋がありました。



小倉あずきのおやき170円。これを買うともう私にはもうお金が無い!

あとはお土産を探しながら坂を下る。そのとき Y が蕎麦定食を食べるというので、少しだけもらいました。



蕎麦屋。

最後に、水車(馬籠の最初の写真の奥にチラっと見える)の前で集合写真を撮ってバス停へ。

13:15、馬籠を出発。

******

13:50、南木曽へ。

ここで電車に乗って帰る…のでは実はありません。実は「隠れ予定」でまだ行くところがあります。

(Part4へ続く

2009年4月1日水曜日

寝覚の床と馬籠に行こう Part2

Prat1 から見る方は3月31日の記事

③ 時間との闘い

「この道でいいんだよね。」とみんなで言いながら、5人は道なりに進んでいきます。しかし道は山の方面へ向かってゆく…。

心配性な自分は不安になってきました。(´・ω・`)



トンネルが! しかしまだまだ諦めず、とにかく少しでも川寄りを進みました。(上の写真にチラっと見える、左へ曲がる道を行きました。)

細い坂道、周りはうっそうと茂る木々、左はるか下には流れる木曽川がわずかばかり見える。これは明らかに山道だ! だが勇気ある仲間たちは前進をやめません、無理矢理にでも寝覚へ行くのでしょうか、もはや賭けですよ?(/・_・\)

少し進むと集落がありました。集落といっても家が数件だけで、山に囲まれていて、煙突からは煙が出、ウグイスが鳴いている、そんな集落。3月も終わりの今日は春。春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)のこんな景色を見ると、なんだかいにしえの記憶が呼び覚まされるようで、心が落ち着いついてしまいます。



春の陽気が辺りに漂っている (○´∀`)

こんな集落の中をも進む5人一行。砂利道だって進みます。だけれど砂利道は数十mで行き止まりでした。だって明らかに他人の土地でしたからね。

引きかえします。(T-T)

IがEZナビウォークで調べてみると、あと300mで寝覚とのこと。しかし周りは山なんだから、これは来た道を戻るしかないでしょ。そう考えている間にも距離は一歩ごとに縮まり、寝覚まで250mとなりました。でもこのまままっすぐ行くと、僕たちは山を転がり落ちることになるよ。もどかしいけれども、道を戻ろう。

そんな事を思っていた折、誰かがわき道を発見しました。けれど安心する無かれ。それは整備されていない、獣道のような小道なのですから。

だが仲間たちはそんな事はお構いなく、ここから寝覚に行けるかもしれないという希望と共に、そこに入りました。もし行きどまりだったりした場合の時間ロスを考えて、ここは速く進もう。私は走りました。



途中から道は無くなりました…。この写真を取った地点で後ろを向くと、超急勾配の斜面であり、万一降りられたとしても、まず寝覚の正確な位置が分からず、またこの斜面を登るのが困難であり、さらに川も渡るのも困難が予想されるため…。

引き返します!! (T-T)

時間が無い、走れ!

来た道は意外と長く、単調な川沿いの道のため、マラソンはあまり好きでない私は気が滅入りそうでした。

とりあえず走るしかない。(´゚A゚`) と書くしかありません。あ゛あ゛、疲れる…。スポーツドリンクを飲みながら走ります。持ってきてよかったです。(ちなみに Y が走るのが速かったです。)

やっとのことで橋に着き、川を渡りました。実は寝覚への正規のルートは、川より数十m標高が高い国道で、しかもそこに行くにはかなり遠回りをしなきゃいけません。

しかし前方に、階段があるではありませんか。山沿いの幹線道路を通るとよく目にする、作業員などが通るような、あのタイプの階段です。




右のぐにゃんと黄色い太い道が国道。中央左下寄りの橋を渡って北へかなり行かなければいけないのですが、地図真ん中(「中央本線」の「本」の字のあたりところ)に階段がありました。

一か八かだ、登ろう!

階段の途中には枝が山積みされていたり、水で濡れていたりして危険でしたが、閉鎖されてさえいなければ大幅なショートカットになります。ですが標高差は数十m、書道部の私は途中から足が動かなくなりました。この階段地獄は辛かった。

それでも根気で登りきり、荒地や木を掻き分け前に進みます。また上の地図を見てわかるとおり、階段を登ると線路がありますが、横切りました。ワイルドな体験でした。(笑

だがまだワイルドな行動は続きます。線路のすぐ横にそそり立つのり面(同じく山沿いの道路によくある、網目状になってるコンクリートの壁の、低めなバージョン。)を必死で登り、(そのとき電車が来なくてよかった)そしてガードレールをまたぐと…

やっと「普通の土地」に出た! ('Д⊂(ほんとに必死だったので写真をあまり撮れず、文章で説明することになってしまって分かりにくいですね。)

こんなに達成感を感じたのは久しぶりでした。しかし時間は容赦せず、電車が出るまで残り40分でした。寝覚まで普通に歩くと20分かかるのに、残り40分?! 寝覚までの1km以上を走っていっても、観光時間は5分くらいか? 休息は許されない、過酷な旅です。

ここからは I がスピードを出しはじめ、先頭から最後尾まで150mくらい差が開いていました。

国道をひたすら走り続けます。数十m置きに走っている私たちを見て、車で走る人たちはどう思ったのでしょう。

とにもかくにも散々走った挙句、疲労困憊(こんぱい)で寝覚に到着! ('Д⊂ ゼェゼェ…。

川へ降りるには…階段を下りる! 降りるのも大変でした。

帰る時間を考えて、寝覚を見れる時間は、8:50まで見ることにして……3分!!! これじゃ遠くから見ることしかできないけれど、背に腹はかえられない。



寝覚の床です。

寝覚をバックに集合写真を撮って、速攻帰る! 脅威の3分観光です。

駅へ帰るには…まず階段を登る!! 階段を見ただけでうんざりしました。



くそぅ、足が動かない。こんな足に鞭打って駅まで走らないといけないのか…。

残りは20分、何とか間に合うかなぁ…。

(Part3へ続く